2017.11.19

肩甲骨からのゴリゴリ音と違和感、手首の痛み

右の肩甲骨が、痛みはないものの肩を上下させるとゴリゴリ音が出ます。また、腕を上にあげた時に違和感があります。 また、右手首ですが、動かさないと痛みはほとんどないものの、手首を動かすとゴリゴリ音とともに痛みが伴います。手首はひねったり手の甲側に反ったり、床などに手を付いて力が加わる時などに痛みが出て、関節がずれる?ような症状もあります。整形外科でレントゲンを撮ったら特に異常はないとのことで、色んな治療院にも通いましたが全く改善がありません。どのような対処が良いのでしょうか?
ご本人様の状況を実際に見ていないので、はっきりしたことは言いにくいのですが、レントゲンでは特に問題はないとおっしゃっているので、いろいろな要因を省きますと筋肉が凝りすぎて関節の可動域が悪くなっていることが原因なのではないかと考えられます。肩甲骨の音と違和感ですが、ある文献では、筋肉の凝りと身体の歪みのせいで動かす際に体内で骨と筋肉がこすれその摩擦音が体内で響いて聞こえてくることがあるとも言われています。違和感ですが、肩関節周囲の筋肉の凝りや関節に問題が無ければ身体全体のバランスが崩れていたりするかもしれません。また、左右の肩甲骨周辺・胸元に厚みの違いはありませんか?もしあれば、腕を持ち上げた時に肩甲骨周辺の筋量差で、右側をうまく動かすことができず、違和感として出ているのこともまれにあります。
右手首のコキコキ音も同様に摩擦音で、痛みはPC・スマホ・文字を書くなどの長時間の同じ動作・固定した姿勢による手・腕の使いすぎの筋肉疲労により、筋肉・関節の柔軟性がなくなり、関節の動きを固めてしまい、動かす際に痛みが出ているのだと考えられます。 関節がずれるということですが、長時間動きがない状態から急に動かすのが怖かったり、無意識に痛みを避けようとして動きがぎこちないものになっていませんか?骨のずれは、筋肉不足や靭帯の損傷で起こりやすいものです。靭帯は伸びてしまったり切れてしまったものは修復できないので、筋肉をつけて補強してあげると感じにくくなると思われます。 年齢を重ねると筋肉を動かす機会が減り、生活上、必要な筋肉もなくなってしまう時があります。 そのため、今ある筋肉で頑張って身体を支えますが頑張りすぎてしまい、筋肉がこり固まり関節の可動域を狭め骨格のバランスが悪くなりゴリゴリと音が鳴ったり、痛みや違和感・シビレなどの症状が現れます。 当院で言えば、全身骨格矯正®で揉みほぐしと骨格の改善を行うことで気にされている音や痛みの症状が改善されると思います。それに加えてご自宅での筋肉トレーニングも一緒にされるとより改善がはやいと思います。

BodySign(ボディサイン)
03-6661-0880


人気のWebコンテンツはこちらです

頭の痛み、首の痛み、眼の疲れ、背中の痛み、腰の痛み、足のシビレ・ムクミ
などでお困りの方は、悩まずBodySign(ボディサイン)にご相談ください。

お問い合わせ