2012.04.13

椎間板ヘルニアからくる下肢のシビレ

美容師の37歳女性(3月初旬来院)

<原因>
毎日立ち仕事で腰痛や肩こりが有ったが、仕事が忙しくなかなか治療をしに行けてなかった。
婦人科系の病気も持っているので「その影響かな?」と軽く考えていたが、しばらくして左足に
シビレが出てきて整形外科へ駆け込む。
レントゲンをとり、すべり症の疑いが有る為、大学病院でMRIを取る事になり、結果は腰椎の
4番・5番の椎間板が飛び出ていることが判明。→椎間板ヘルニアによる下肢のシビレが原因。

<症状>
・下肢のシビレが常にあり、酷くなると激痛に。
・立ったり座ったりの動作が辛い。
・とにかく、何もやっていなくてもシビレがある。
・クイックマッサージ等の治療も、その場は良いが長続きしない。
・寒い場所に行くと、てき面に辛い状態に。
・腰から背中、臀部、下肢と全体に筋肉の強い張り。
・じっとしていられない状態。
・骨盤の歪みから首や肩こりまで感じている。
・内臓機能も低下。
・冷え・ムクミの症状。

<施術>
1回目
お腹の下にクッションを置き、うつ伏せで施術。
【全身骨格矯正コース(初回60分)】での施術。(当日は、シビレの度合いが割と落ち着いてた為)
● 腰を中心に揉みほぐした後、頚椎・胸椎・腰椎・仙腸関節の矯正。キネシオテーピングで終了。

2回目(初日から3日後)
「立ったり座ったりが少し楽で状態が良くなってきた気がするが、シビレはまだある。」との事。
【全身骨格矯正コース(約40分)】での施術。
● 腰を中心に坐骨神経を刺激する為に梨状筋周囲を揉みほぐす。頚椎・胸椎・腰椎・仙腸関節の矯正。

3回目(初日から10日後)
「腰の張りが無くなってきて、シビレが少しずつ楽になってる気がする。便秘も少し解消され、ムクミも取れてきた」との事。
【全身骨格矯正コース(約40分)】での施術。
● 前回同様、腰を中心に坐骨神経を刺激する為に梨状筋周囲を揉みほぐす。頚椎・胸椎・腰椎・仙腸関節の矯正。ドロップベッドにて、腰仙関節を調整。

4回目(初日から14日後)
「仕事しながらでもシビレがだいぶ収まってきた。腰の張りや痛みもだいぶ良い。」との事。
【全身骨格矯正コース(約40分)】で、腰中心に施術。
● 前回同様、腰を中心に坐骨神経を刺激する為に梨状筋周囲を揉みほぐす。頚椎・胸椎・腰椎・仙腸関節の矯正。ドロップベッドにて、腰仙関節を調整。

<今後の方針>
引き続き、10日前後で予約。状況に合わせ、少しづつ間隔をあけて行く予定。


人気のWebコンテンツはこちらです

頭の痛み、首の痛み、眼の疲れ、背中の痛み、腰の痛み、足のシビレ・ムクミ
などでお困りの方は、悩まずBodySign(ボディサイン)にご相談ください。

お問い合わせ