2016.04.12

坐骨神経痛が治りません

初めまして。当方は40代前半の女性です。

2年ほど前に、左の臀部~太ももの後ろ側に痛みが出るようになり、病院の整形外科を
受診しました。
MRI撮影を行ったところ、第五腰椎と仙骨の間の椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛との
診断を受けました。
手術するほどの重篤な症状ではないとのことで、鎮痛剤を処方されて、経過を見るように
言われました。

一時は、座薬の鎮痛剤を使うほどの痛みのあった時期もありましたが、次第に小康状態
になり、昨年後半からは、毎朝1錠程度の鎮痛剤服用で、さほど痛みが気にならない状態
になって来ました。
しかし、鎮痛剤の服用をやめてしまうと、痛みが出るため、服用を続ける状態がです。

先月中旬になって、今まで痛みが出ていた箇所に加えて、左足の小指~かかとにかけて
の筋に、ビリッとした痛みが走るようになりました。
湿布を貼っても良くならないので、先週の土曜日にかかりつけの整形外科を受診した所、
この箇所も坐骨神経痛が出る場所とのことで、今までの鎮痛剤が効かないようなので、
末梢の血流を改善する薬を新たに処方してもらいました。
まだこの薬の効果が現われていないのか、前かがみになったり、小走りになったりすると、
左足にビリッと痛みが走ります。

鎮痛剤も、あまり長期に渡って服用を続けると、胃を痛めるので、痛みが治まったら
飲まないようにした方が良いと主治医に言われているのですが、服用をやめると痛みが
増すため、なかなか量が減らせない状況です。
来月で丸2年になるのですが、このまま鎮痛剤を飲み続けながら、坐骨神経痛との生活
を続けなければならないのかと、暗澹たる気持ちになっています。

ウォーキングやストレッチをやってはいるのですが、毎日は続けられないのが現状です。

坐骨神経痛の症状が少しでも改善する方法がありましたらご教示ください。

以前は座薬を使わなければいけない状態だったようですし、今も違う箇所にシビレのような痛みが出始めたという事は、かなり我慢なされたことでしょう。

はっきりした原因は解りませんが、状況として腰椎、仙腸関節の歪みが考えられます。
腰から梨状筋(坐骨神経の通り道)付近の筋肉の緊張も強い事でシビレも強く出ているのでしょう。

当サロンでは、坐骨神経痛の場合以下の2コースを受けていただいています。
①「全身骨格矯正 コース」(初回:約60分/2回目以降:約40分)
②「全身骨格矯正 ショートコース」(約30分)

ヘルニアがあるようなので、施術を始めるとすれば少しお時間がかかると考えていただければと考えます。(時間はかかりますが、徐々に改善していきます。)

対処法としては、
ウォーキングやストレッチ運動もしていますし、予防に繋がっているのではとも思います。

なかなか毎日続けることは大変ですが、他に、腰に負担のかからない対処法として、プールや太極拳などのインナーマッスルを鍛える事が出来るものを始めてみてはいかがかと思います。

私達のようなサロンや、鍼灸・マッサージなどの治療院さん、病院等に通う事も大切ですが、ご自身で意識を持って改善していく努力も必要になります。

ですが痛みがひかないようであれば、一度当サロンにもご来院し、施術を受けていただければと思います。

日本橋矯正スタジオ BodySign(ボディサイン)
03-6661-0880


人気のWebコンテンツはこちらです

頭の痛み、首の痛み、眼の疲れ、背中の痛み、腰の痛み、足のシビレ・ムクミ
などでお困りの方は、悩まずBodySign(ボディサイン)にご相談ください。

お問い合わせ